資金調達のメリットとデメリット、関西のビジネスローン

資金調達の場合、ビジネスローンの無担保で審査期間が短く、審査も通りやすいという点は大きなメリットになります。設備投資を行うなど、急に資金が必要となった場合には短期間で簡単に借りられるというのは大きな魅力ですし、これまでの営業実績がなくて、銀行から借りられない企業でも貸してくれるのも嬉しところです。ですがメリットがあるだけデメリットもあるのが一般的な関西も含めた社会法則ですので、デメリットも踏まえた上でどのような場合に資金調達の手段として用いるかを考えます。

金利が高いのでなるべく早く返済できるときに利用する

ビジネスローンは無担保で審査が通りやすい点と引き換えに、金利が高いというデメリットがあります。金利の範囲は5%から15%となっていますが、疎開に借り入れる場合や借り主が中小企業などの場合ビジネスローン会社の信用が足りず、上限の15%に近い金利に設定されます。
年率15%ということは月率に直すとだいたい1.2%くらいの利息支払いが発生することになります。急に現金が必要となる場合のときは資金繰りが上手く行っていない場合のときもあります。その中で今までと同じ経営状態にするためには1.2%分利益を出さ負ければならず、さらに経営を改善するためにはそれ以上の経営努力が必要になります。ビジネスローンを使用するのは設備投資など一時的な資金繰りに利用するのが最適と言えます。運転資金に使用すると利息を返済するためにさらにローンを組んでしまうという悪循環になりますのでおすすめできません。あくまでもすぐ先にまとまった売上があるときに利用して売上が入ったらそのお金で繰り上げ返済をするようにします。

ビジネスローンは関西の個人事業主に優しい

さらに、ビジネスローンは個人事業主への融資に積極的というメリットもあります。
もともとが金利を上げて担保が出しにくかったり、通常の銀行の審査が取りにくい中小企業や個人事業主のために始められたローンです。個人事業主への融資の場合は、個人との契約ということでカードローンという形で融資が可能です。ただし、中小企業や個人事業主をターゲットに設定されていますので多額の融資というのは想定しておらず、最大限度額が1,000万円に設定されているところが少なくありません。それ以上の金額が必要な場合には別な方法で資金を調達する必要があります。