関西のビジネスローンは無担保で融資が受けられます

ビジネスローンの正式名称は法人向け無担保ローンといいます。無担保で借りることができ、第三者の保証人も必要がないことから、小さな法人や個人事業主でも借りやすい点が大きなメリットとなっています。ただし、多くの銀行や金融機関の中小企業向けの事業性資金向けローンにも、何々ビジネスローンと書かれている場合もあり、その場合には担保が必要だったり第三者の保証人が必要な場合があります。関西を含め全国で正式にビジネスローンとして登録されているところを調査してみると99%以上のビジネスローンでは無担保かつ第三者の保証人なしで借りることができますのでそう考えていても問題はありません。

そもそも担保とはなにか

そもそも担保とは、金融機関が融資した借金の返済が滞ってしまった場合に売却することで損害をカバーできるものを保証として差し出す物のことで簡単いいってしまえば借金の形として差し出されるものです。金銭的な価値が有って売却できるもの、公的な証明が可能なものが担保になります。有名なところとしては不動産や株式などの有価証券、預金などが挙げられます。
金融機関は、もし返却が滞っても担保を売却すれば損害をカバーできるため、担保さえ有れば信用力が低い企業への積極的にお金を貸すことができます。ですが借りる側としては担保が売られてしまうと取り戻すことが難しいためなるべくなら担保を提供したくない、または提供したくても担保となるものがないというケースも少なくありません。担保無しで借りられるビジネスローンが関西でも人気となっています。

保証人と連帯保証人の違い

ビジネスローンでは第三者の保証人が必要ない代わりに法人の代表が連帯保証人になる必要があります。この2つはほとんど同じように思われますが、連帯という2文字がつくことでその権利は大きく異なります。まずこの2つは借金をした企業がお金を返せなかったときに、代わりにお金を返済する人間版の担保という点では一緒です。保証人にはもともと借金をした企業に先にお金を返してほしいと催促をする権利と借金をした企業に財産を処分してできるだけ返済してほしいと要求する権利を持っていますが、連帯保証人にはこの2つの権利はありません。返済が滞った場合には連帯保証人には必ず代わりに返済しなければならないという義務が発生します。これによってビジネスローンでは倒産した場合のリスクを少なくしているわけです。