空港隣接のペットホテルが人気となる理由
2017.06.26

かわいい飛行機のイラスト空港の利用者に安心の空の旅を提供するために、空港周辺では様々な物の預かりサービスが展開されています。飛行機に乗せ、旅先にと持っていけない大事な持ち物の管理を、所有者の代わりに行おうというのが預かりサービスの実態です。
荷物や車といったおなじみの存在に並ぶようにして、現在急速に利用者を増やしつつあるものに、ペットホテルがあります。ペット専用の宿泊施設として登場したペットホテルは、昨今のペットブームの追い風を受け、ただのペット預り所から、動物たちに憩いの場を提供する施設へと進化を遂げました。
自宅にペットを残して旅立つことのできない飼い主達にとっての、ペットホテルは救世主といっても過言ではありません。空港に隣接されたペットホテルは、空港を利用する傍ら、手続きを済ませられるとあって特に人気で、連休中はほぼ満室という様相を見せます。ペットと一緒に自宅を出て、旅行を終えた後はペットと共に帰宅するという、飼い主にもペットにも優しい理想の旅のプランは、隣接のペットホテルの登場で実現可能なものとなりました。
ペットホテルのサービスは、ペットに対する食事の管理と、生活もとい就寝スペースの提供という形で構成されます。食事は慣れたフードでなければ口にしないという子が少なくないので、ホテル側では用意せず、回数分の食料をチェックイン時に飼い主が持参するという形が、一般的にとられています。フードと共に、食器や毛布やトイレトリーなどのペット用品の持ち込みを、OKとしているホテルもあります。
ホテルによっては、食と住に加えて散歩や運動、トリミングなどの身の回りの世話がオプションとして行われていたりもします。有料無料の区分はそれぞれのホテルによって異なるので、一概に判断はできません。広大なスポットの特徴を十二分に利用した、充実した設備を持つ空港隣接のペットホテルは、利便性に加えて機能性も高く、その人気にも拍車がかかります。
ペットホテルを利用する前には、ワクチン接種とその証明書の準備を忘れずに行うことが大切です。服用している薬がある場合に関しては、薬の数や飲ませ方をメモに書いて、チェックインの段階でしっかりホテルのスタッフさんに渡せるようにしておきます。
また健康状態のチェックと、くつろげるゲージの調達も、出発前の支度として重要です。空港に隣接していようが、良質なサービスを行っていようが、何はともあれペットにとっては見慣れない不審な施設でしかないのですから、その心が少しでも安らかなものになるよう準備を怠ってはいけません。

▲ ページトップへ