空港までのアクセス
2017.06.26

水色の飛行機飛行機での快適な移動のため、成田空港の利用を考えるのであればまず第一に、千葉県成田市にある空港へのアクセスを果たさなければなりません。東京からでも成田空港までは直線で、約六十キロもの距離があります。空港まで徒歩で行く、というのは実質不可能であり、スムーズな旅の進行には、移動手段の調達が不可欠です。
成田空港へのアクセスに、一般的に使用されている乗り物は、バスに電車、車の三つです。バスならばリムジンバスに高速バス、車なら自家用車やタクシーというように、三つの手段はさらに細かく種類分けすることができます。
リムジンバスは、空港と各地域を繋ぐ役割を果たすバスで、送迎専門として普通の路線バスよりも大きな車体に、荷物室やトイレを設置した豪華な設備を特徴として持ちます。多くは予約制で、席の数にも限りがありますが、それにより乗客は空港までゆったりと席に座り時間を過ごせます。
送迎のサービスに特化したリムジンバスとは異なり、高速バスは手軽さに特化した性質を持ちます。路線バスのように小回りなルートを運行せず、深夜や早朝問わず高速を進むバスは、速やかな目的地への到着を可能とするものです。空席があれば飛び込み乗車もOKで、予約は全ての状況で必須ではありません。
バスのデメリットは、道路を走行するが故の所要時間の長さです。時刻表があっても、渋滞や事故の発生によって予定通りに運行しないことがしばしばあるため、バスによる時間ぎりぎりの行動は、飛行機に乗り遅れるリスクを上昇させます。到着時刻の正確さと早さでは、路線という独自のルートを持つ、電車の右に出る乗り物はありません。
成田空港には第一ターミナルに一つと、第二・第三ターミナル近くの空港第二ビルに一つ、鉄道を利用する乗客が乗り降りできる駅が設置されており、それぞれの列車から直にアクセスができます。どの路線を使用するのか、特急を選ぶのか普通列車を選択するのかで、運賃は微妙に変動しますので確認しておきましょう。
電車を利用する上での問題は、時間帯によって混み合う車内での、席の確保が難しくなること、大きな荷物を運びながらの行動が困難であることなどが挙げられます。幼い子供など、臨機応変な対応が求められる同行者がいる場合には、電車等の公共交通機関よりも運転手の意志一つで自由に行動できる、自家用車やレンタカーでの移動が最適です。
成田空港駐車場を活用すれば、空港のごく近くまで車でもアクセスが果たせます。時刻や空席の状況を気にせずにいられる旅の快適さは、車を移動手段としたときにのみ付いてくる特典です。

▲ ページトップへ