キャンセル料金
2017.06.26

飛行機のイラスト駐車場には使用料が発生しないものと、料金が発生するものとがあります。成田空港駐車場は後者です。一週間や十日と、飛行機での移動の最中車を置き続けることになるスペースは、買い物の間少しばかり車を置くだけのスーパーやコンビニの駐車場のように、無料で利用することはできません。
一日に何万人と訪れる成田空港にて、駐車のスペースを確保するためには、利用前の事前の予約が推奨されます。予約をフライトの前日や、十時間前までOKとしている駐車場も成田空港の周囲にはありますが、搭乗する便が決まり次第、できるだけ早い内に行動しておく方が失敗がありません。年末年始や夏の長期休暇など、空港の利用者が増える時期には利用者も増え、あちこちの駐車場で満車の表示が珍しくなくなります。
予約後のキャンセルに対しては、成田空港駐車場では、比較的大らかな対応が取られます。そもそも予約の際の一部入金がシステムとして組まれている場合に、それがキャンセル料の代わりとして扱われ、返却されなくなるぐらいで、無料で予約できる多くの駐車場でキャンセル時の罰金及び手数料の回収は行われていません。早めに予約して安心を得ておきたい時には、請求されないキャンセル料のことは気にせず、希望のままに行動するのが良いということです。
とはいえ最低限のマナーとして、キャンセルをするなら必ずそれを、前もって予約を入れたお店に伝えておくことを忘れないようにしましょう。ペナルティがないからといって、ドタキャンするなどもってのほかです。無駄に駐車スペースの確保を行わせたり、送迎の用意をさせてしまうことのないよう、利用できないと分かった時点で、早急に対処を行うようにして下さい。
駐車場側に連絡の一つも入れずすっぽかす、ということをすると、キャンセル料は請求されなくても、サービスのブラックリストには載せられる可能性があります。そうなれば今後二度と、該当の駐車場の利用は不可となってしまうでしょう。直前に断りの連絡を入れることを気まずく感じたとしても、自身の今後のためにも、予約した責任はきちんととるのが正しい行動です。
電話一本、メール一通で果たせ、目立ったペナルティもないということで、利用者の間では駐車場のキャンセルは比較的気軽に実行されています。駐車場を使いたいのに、どこも満車で困っているといった時には、こまめに状況をチェックしていれば、そんな誰かのキャンセルによって不意に空いた駐車スペースをゲットできるかもしれません。出発の直前まで諦めることなく、インターネットから見られる情報を駆使して、上手くキャンセルを利用していきましょう。

▲ ページトップへ